So-net無料ブログ作成

人気高まる日本橋でんでんタウンのアニメカフェ 

◆アニメファンやコスプレイヤーたちのメッカとなっている大阪・日本橋では今、人気アニメをモチーフにしたアニメカフェが若者の間で人気の的だ。今までのメイド喫茶に代わる新しい日本橋の名所として注目されている。

アニメカフェ 小.jpg

 インターネット広告事業などのサンディクリエイション(本社・大阪市中央区西心斎橋)が4月28日に日本橋3丁目にオープンしたのがテレビアニメ・おそ松さんをモチーフにした「おそ松さんカフェ」。かつてはオーディオ専門店が長年営業していた3丁目交差点の角地。

 店前には長い行列が出来ていた。ここを利用するには同店のサイトで会員登録して予約しなければならない。メニューはおそ松のかつ丼(1480円・税別)やカラ松のイッタい黒カレーライス(同)などと結構いい値段が付いた。ドリンクは赤塚印の松汁~グリーンスムージーローズマリーの香り(1280円・税別)が人気だとか。

 1ヶ月単位で対象のアニメを取り変えていく予定で、おそ松さんは5月末まで。次のテーマは「秘密です」ということだった。

 日本橋4丁目にはBS放送スカパー!のアニメ専門チャンネル・ア二マックスがプロデュースしている「ア二マックスCAFE」がある。期間限定のアニメキャラクターとのコラボコースターやブックマーク、ランチョンマットが特典として付くメニューも用意してある。こちらはフード、ドリンクともに1000円以下(税別)。ただし1時間1オーダー制だという。

 このところ日本橋のメイン通り堺筋から家電店がなくなって久しいが、それに代わって進出しているのがオタッキーな若者をターゲットにした業種。アニメカフェも新たにメイン通りに進出した。テレビや雑誌でのアニメ人気にあやかって、そのアニメのキャラクターに関連したグッズも手に入れらるとあって、ファンにとってはたまらないようだ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本橋筋商店街振興組合、インバウンド効果に対応する日本橋総合案内所のコンシェルジェ化

澤田沢治組合長.jpg日本橋筋商店街振興組合(組合長=澤田沢治サワダデンキ社長)が、増え続ける中国・韓国など海外からの買い物客に対応するためのインバウンド対策を強化している。日本橋総合案内所のインバウンド対応機能を高めていくとともに、おもてなし機能を強化する街のコンシェルジェとして役割を目指していく。2016年5月24日に開かれた同振興組合の定時総会で明らかにされた。





 連日のように日本橋筋商店街には観光バスを連ねて買い物にやって来る外国人観光客が絶えない。大阪府と大阪市は「大阪の成長戦略」において、来阪外国人旅行者を2020年に650万人に拡大することを目指している。中でも日本橋を含む大阪・ミナミへの集中が著しく、日本橋では商店街にすでに3軒のビジネスホテルが営業している。さらには日本橋3丁目にはカプセルホテルが開業する予定など、現在も2軒が建設を進めている。

 このように増える外国人買い物客へ向けて日本橋総合案内所が「街のコンシェルジェ」としての機能を強めていく。そのひとつが買い物客の荷物を預かるクローク機能や同商店街振興組合のWebサイト英語、中国、韓国語対応など海外へ向けての情報発信も検討したいとしている。

 海外からたくさんの買い物客を受け入れるには安心、安全な街作りも欠かせない。このため日本橋筋商店街振興組合は商店街に68台の監視カメラを設置して街の防犯にも協力して、誰もが安心して買い物など街歩きを楽しめるようにしている。
 カメラの録画映像は警察の要請に応じる形で提供しているが、一昨年は26回の要請があったが昨年は46回と倍近くに増えている。その内容もひったくり、薬物関係などと多様化している。

 今年度予定しているアーケード照明のLED化は、省エネ効果を高めるとともに明るい街にすることで防犯効果を一段と高めるものとみられている。
 また来街者が気持ち良く買い物ができるようにと、毎月第月曜日を合同クリーンデーに制定して、街の清掃活動も続けているが、これも継続していく。


 日本橋筋商店街振興組合はまた、来年3月19日に第13回日本橋ストリートフェスタを開催する予定だ。街の知名度を高めるために毎年3月に開かれている日本橋ストリートフェスタでは、海外からの観光客の姿も見られる。今年も去年同様の25万人が日本橋に訪れ大阪屈指の一大イベントにまで成長している。

 ストリートフェスタ期間中には、フェスタ開催エリア内での写真撮影パスなどに利用できるリストバンドを日本橋総合案内所で販売しているが、その販売個数が今年1万4千個を超えたことも明らかにしており、イベント運営の貴重な財源となっている。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ボイジャー  新読書システム「BinB(ビーインビー)」を実用化 [新製品]

ボイジャーが12月7日に発表したBooks in Browsers 方式による新しい読書システム「BinB(ビーインビー)」です。
ブログに貼り付けて、ブログで読むことも出来ます。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

上新電機、大阪・南港の東日本巨大地震避難施設へ家電製品を提供 [上新電機]

◆上新電機が、2011年3月27日、東日本巨大地震で被災した人工透析患者とその家族の人たちを一時的に収容する避難所が、大阪・南港のインテックス大阪6号館に開設されたのに伴い、カラーテレビなど家電製品を提供した。

 大阪市(大阪市健康福祉局)と共同で行ったもので、提供したのは50インチカラーテレビとテレビ台5台と洗濯機20台、衣類乾燥機と乾燥機台20台、冷蔵庫10台、掃除機10台、電気ポット20台。


[上新電機]
http://www.joshin.co.jp/joshintop/


タグ:上新電機
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

上新電機、「省エネルギーセンター会長賞」受賞 [上新電機]

◆上新電機が、ジョーシン大和高田店(奈良県大和高田市)が財団法人省エネルギーセンターが制定する「平成22年度 省エネ型製品普及推進優良店」で、大規模家電販売店部門の省エネルギーセンター会長賞を受賞した。

 省エネルギー型製品の積極的な販売と普及活動を通じて消費者に適切な情報の発信を行っている家電量販店を認定する制度で、
 同社は全店舗において「積極的な省エネルギー製品の販売と消費者への適切な省エネルギー情報発信を続けている」ことが認められた。

 上新電機は22年度、57店舗を申請したが、全店舗が優良店に認定された。省エネ型製品普及優良店に認定されると、店舗にはシンボルマークが表示される。


 なお資源エネルギー庁長官賞には、エディオンのエイデン大垣ベルプラザ店(岐阜県大垣市)が選ばれた。省エネルギーセンター会長賞にはまた、ベスト電器甘木店(福岡県朝倉市)も受賞している。


[上新電機]
http://www.joshin.co.jp/joshintop/
http://shop.joshin.co.jp/shopdetail.php?cd=1775
[平成22年度 省エネ型製品普及推進優良店]
http://www.eccj.or.jp/yuryoten/03_h22/03_h22.html



タグ:上新電機
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

大阪・日本橋でんでんタウン 第7回ストリートフェスタを中止 東日本巨大地震の影響で [日本橋でんでんタウン]

◆大阪・日本橋でんでんタウンの日本橋ストリートフェスタ実行委員会(委員長・平松邦夫大阪市長)は、2011年3月14日、同21日に予定していた「第7回日本橋ストリートフェスタ」の中止を決めた。
 3月11日に発生した東北関東大震災の被災地へ配慮してのこと。
 来年は開催したいとしている。

 また、でんでんタウン協栄会(会長・土井栄次上新電機社長)は、3月14日に開催を予定していた定時総会も中している。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

夏物家電が販売好調 [市況]

◆ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(東京都中野区、朝比奈進社長)が、このほどまとめたエアコン、冷蔵庫など夏物家電の家電量販店での販売動向によると、暑さが増した7月第4週にはエアコンが前年比2・5倍をはじめ、軒並み販売は急増している。エアコンは一部製品の品薄や取り付け工事の集中なども見られるという。

 猛暑となった今夏は、エアコンをはじめ夏物家電の販売が、全般的に好調に推移している。
 今年の夏商戦は、6月第1週には前年並みでスタートしたが、気温が上がるにつれて、前年を大きく上回る週が続いている。

図1:冷蔵庫・エアコン・扇風機週次販売台数前年比推移.jpg 6月第1週から夏商戦終盤に差しかかった7月第5週までの累計の前年比は、冷蔵庫10%増、エアコン36%増、扇風機35%増と言った具合に、いずれも好調を記録した。

 7月第4週は、冷夏であった昨年との気温差からエアコン、扇風機の販売が倍増し、その翌週は小容量・低価格エアコンなど一部製品に在庫不足だという。
 前年比では冷蔵庫29%増、エアコン112%増、扇風機61%増の高水準を維持している。



◆猛暑の今年は、エアコンの販売好調が目立つ。
 家電量販店での7月第4週のエアコン販売は、1週間当たりの販売として記録的な台数となったとしている。
 同じく猛暑だった2008年は、7月全体を通して高い販売水準を保っていたのに対し、10年7月は第2週、第3週が前年並みに推移し、第4週に大きく販売を伸ばしている。

 第4週の販売数量は前週の約2・3倍、前年同週の約2・5倍、08年の販売ピーク週(7月第2週)と比較して約1・5倍になっている。
 こうしたことによって10年1~7月累積販売台数は、記録的に販売好調であった08年を約10%上回っているという。

 また冷蔵庫も猛暑効果が見られる。
 好天に恵まれた7月第4週は、冷蔵庫の家族世帯向けクラス(401L以上)の構成比が前週と比較して3%ポイント高い52%であった。

 収容量に余裕を持った上位クラスに買い換えるケースも相次いでいる。
 501L以上の大容量クラスが同じく前週から比較して2%ポイント高い21%へと一時的に増加。金額面でも前年比も10%増であった。

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

上新電機 増収増益 地デジ対応の薄型テレビなどがけん引 平成23年3月期第1四半期決算 [上新電機]

◆上新電機が2010年8月2日に発表した2011年3月期第1四半期決算は、売上高900億3100万円(前年同期比8.2%増)、営業利益6億6500万円(前年同期比53.9%増)、経常利益7億1300万円(前年同期比92.6%増)だった。四半期純利益は2億600万円(前年同期比76.1%減。)

 主な商品別の売上高では、地デジ対応の薄型テレビが堅調なカラーテレビが150億2700万円(前年同期比20.1%増)、電子レンジ・調理器具39億3800万円(同14.6%増)、照明器具74億8000万円(同11.4%増)、暖房機34億円(同69.3%増)、携帯電話・PHS26億200万円(同42.1%増)。

 パソコンソフト46億円(同7.4%減)、パソコン62億7100万円(同13.1%減)、音楽・映像ソフト8億8700万円(同10.4%減)だった。

 店舗数は美原店(大阪府)をはじめ9店舗を出店、2店舗を撤収し、178店舗になっている。

 第2四半期連結と通期の業績予想についての変更はなく、第2四半期(累計)の売上高1890億円、営業利益44億8000万円、純利益21億円、通期の売上高4000億円、営業利益99億4000万円、純利益49億5000万円としている。



[上新電機]
http://www.joshin.co.jp/




タグ:上新電機
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日本橋ロボ連、7月例会開催 インターグループ ロボットのファッションショー 「ROBOT FASHION CONTEST」をアピール [ロボット連絡会]

◆日本橋でんでんタウンロボット連絡会(代表幹事・蝉正敏ダイセン電子工業社長)が、2010年7月20日、大阪・日本橋3のダイセン電子工業で7月例会を開いた。インターグループ(大阪市北区、小谷寿平社長)でロボット事業などを担当する加味昇がゲスト参加し、今年10月に大阪・船場で開かれる「ROBOT FASHION CONTEST」をアピールした。

ロボ連7月例会.jpg

 ROBOT FASHION CONTESTは国内初のロボットによるファッションショー。
 10月10日に大阪市船場地区で繰り広げられる第2回船場まつりの一環として、ロボットによるファッションコンテスト。
 ロボットに衣装を着せて、そのパフォーマンス振りを競おうというもので、審査員には浅田稔大阪大学大学院教授やファッションデザイナーのコシノヒロコさん、ロボットクリエイターの高橋智隆さんらを予定している。

 総合優勝ロボットには賞金50万円が贈られる。またロボットの性能を競うロボット部門の優秀ロボットには20万円、ファッション性が高いロボットにも 20万円が渡されることになっている。
 加味さんによると、20~30チームが参加するものとみられ「今後は船場まつりのイベントとして継続していきたい」と話している。

 このほかにも、ロボット数メートルのカーペット上を歩く「ロボットパレード」や、京都大学総合人間学部講師の北原達正さんが講師を務めるパソコンで自律ロボットのプログラミングを行う「ロボット研究室」も行われる。

◆例会では、このほか6月にシンガポールで行われたロボカップ世界大会で優勝した堀川由人さん、坂本智希さんの活躍ぶりを写真を交えて紹介された。2人は、いずれも日本橋ロボット教室の出身者だという。



[第 2回船場まつり ロボット・ファッションコンテスト]
http://www.intergroup.jp/~conv/semba/




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

直営店「ソニーショップ・アビック」 日本橋店など9店舗を閉店  ソニー [店舗]

◆YOMIURI ONLINEによると、ソニーが14日、東京、大阪など大都市圏を中心に全国9か所に設けている直営店「ソニーショップ・アビック」を今月末をめどに一斉に閉店することを明らかにした。

 直営店戦略は、ハワード・ストリンガー会長兼社長がアップルの直営店舗「アップルストア」に対抗するために打ち出した。だが、運営会社の赤字体質が解消しないため、販売戦略を大きく見直す。

 ソニーショップは、ストリンガー氏の「ソニー製品を体験できる店にして(製品の)優位性を示したい」との方針から、顧客との対面販売を重視し、ソニーファンの要望などに対する感度を高くする狙いもあった。
 特に、東京・銀座のソニービル内にある店舗や、大阪の電器街・日本橋の店舗などは、「国内最大級のソニー専門店」をうたい、高品質なソニー製品を体感できる店舗作りをし、消費者の知名度も高かった。

 しかし、運営会社「アビックグループ」(東京都杉並区)の赤字体質が改善できないことから閉鎖を決めた。

 ただ、ソニーグループの別会社が東京、大阪、愛知で運営し、ショールーム的な役割を担っている「ソニーストア」は存続する。(2010年7月14日14時41分 読売新聞)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。