So-net無料ブログ作成

日本橋筋商店街振興組合、インバウンド効果に対応する日本橋総合案内所のコンシェルジェ化

澤田沢治組合長.jpg日本橋筋商店街振興組合(組合長=澤田沢治サワダデンキ社長)が、増え続ける中国・韓国など海外からの買い物客に対応するためのインバウンド対策を強化している。日本橋総合案内所のインバウンド対応機能を高めていくとともに、おもてなし機能を強化する街のコンシェルジェとして役割を目指していく。2016年5月24日に開かれた同振興組合の定時総会で明らかにされた。





 連日のように日本橋筋商店街には観光バスを連ねて買い物にやって来る外国人観光客が絶えない。大阪府と大阪市は「大阪の成長戦略」において、来阪外国人旅行者を2020年に650万人に拡大することを目指している。中でも日本橋を含む大阪・ミナミへの集中が著しく、日本橋では商店街にすでに3軒のビジネスホテルが営業している。さらには日本橋3丁目にはカプセルホテルが開業する予定など、現在も2軒が建設を進めている。

 このように増える外国人買い物客へ向けて日本橋総合案内所が「街のコンシェルジェ」としての機能を強めていく。そのひとつが買い物客の荷物を預かるクローク機能や同商店街振興組合のWebサイト英語、中国、韓国語対応など海外へ向けての情報発信も検討したいとしている。

 海外からたくさんの買い物客を受け入れるには安心、安全な街作りも欠かせない。このため日本橋筋商店街振興組合は商店街に68台の監視カメラを設置して街の防犯にも協力して、誰もが安心して買い物など街歩きを楽しめるようにしている。
 カメラの録画映像は警察の要請に応じる形で提供しているが、一昨年は26回の要請があったが昨年は46回と倍近くに増えている。その内容もひったくり、薬物関係などと多様化している。

 今年度予定しているアーケード照明のLED化は、省エネ効果を高めるとともに明るい街にすることで防犯効果を一段と高めるものとみられている。
 また来街者が気持ち良く買い物ができるようにと、毎月第月曜日を合同クリーンデーに制定して、街の清掃活動も続けているが、これも継続していく。


 日本橋筋商店街振興組合はまた、来年3月19日に第13回日本橋ストリートフェスタを開催する予定だ。街の知名度を高めるために毎年3月に開かれている日本橋ストリートフェスタでは、海外からの観光客の姿も見られる。今年も去年同様の25万人が日本橋に訪れ大阪屈指の一大イベントにまで成長している。

 ストリートフェスタ期間中には、フェスタ開催エリア内での写真撮影パスなどに利用できるリストバンドを日本橋総合案内所で販売しているが、その販売個数が今年1万4千個を超えたことも明らかにしており、イベント運営の貴重な財源となっている。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。